ユズリベキモノ

    2011.12.23 Friday
0

     『ゆずり葉』 河井酔茗 作

    子供たちよ。
    これはゆずり葉の木です。
    このゆずり葉は
    新しい葉が出来ると
    入り代わって古い葉が落ちてしまうのです。
     
    こんなに厚い葉
    こんなに大きい葉でも
    新しい葉が出来ると無造作に落ちる
    新しい葉にいのちをゆずってー

    子供たちよ
    お前たちは何をほしがらないでも
    すべてのものがお前たちにゆずられるのです
    太陽のめぐるかぎり
    ゆずられるものは絶えません。

    かがやける大都会も
    そっくりお前たちがゆずり受けるのです。
    読みきれないほどの書物も
    幸福なる子供たちよ
    お前たちの手はまだ小さいけれどー。

    世のお父さん,お母さんたちは
    何一つ持ってゆかない。
    みんなお前たちにゆずってゆくために
    いのちあるもの,よいもの,美しいものを,
    一生懸命に造っています。

    今,お前たちは気が付かないけれど
    ひとりでにいのちは延びる。
    鳥のようにうたい,花のように笑っている間に
    気が付いてきます。

    そしたら子供たちよ。
    もう一度ゆずり葉の木の下に立って
    ゆずり葉を見るときが来るでしょう。






    ボクタチ大人は子供たちに何を譲れたというのだろう。
    どんなものを譲ろうとしているのだろう。

    自分たちの享楽のためにだけあらゆるものを消費尽くし、
    そしてそのことが価値があるともてはやされ、
    挙句の果てに手を付けてはならないものにまで手を出し、
    災いが降りかかる。
    にも関わらず、まだ厚顔無恥ぶりを晒し続けるのだろうか。

    「ゆずり葉」を読むと心が締め付けられる。
    「いのちあるもの」を一生懸命に作ってきたんだろうか。
    「うつくしい」ものは壊されていき
    「ひとりでにいのち」は縮んでいるようにしか思えない。
    嫌がっても全てのもが押し付けられる「おしつけ葉」だ…。



    台風前夜

      2011.06.26 Sunday
    0


       立て髪が鼻をくすぐる七夕の半径三億光年の夜


      君の背の匂いをさらう夜の風二の腕がこんなにも冷たい


      あかときの微熱の我を撫でる風サンダル擦れの傷跡痒し


      門哉彗遥

      僕の空論

        2010.10.11 Monday
      0
         「僕の空論」             門哉彗遥

        幼い頃よく空を見上げていたのは、
        雲の隙間からこちらを見ている人を探すためだった。
        人影を見つけては
        こちらに落ちてこないかとハラハラしていた。

        少年の頃は雲を突き抜けて飛んでいくことばかり考えていた。
        大きな口を開けながら飛んで行くのだ。
        雲は甘いのか苦いのか。

        青年の頃、空を見上げては雲を消し去ろうとよくしていた。
        両手を出来るだけ薄い雲にかざし、
        その雲を睨めつけながら念を送るのだ。
        やがて消えていく運命の雲だなんてことは、
        わかってはいたけれど。

        大人になって
        空を見ることを忘れていた時代も確かにあった。
        それはそれでその時を生きるのが精一杯だったのだから仕方ないし、
        よくもわるくもないだろうと思いたい。
        空はいつだってそこにあったのだし、今もその下にいる。

        これからも空を見続けることだろう。
        空が頭の中へ流れ込み、脳が雲となるまで見続けたい。
        風は耳鳴りとなり、雨は涙となり、雷は怒りとなり、頭は空へ広がり、
        空はさらに広がり雲はながれ風がふき命をはこび命あふれ、
        あふれよいのち。
        あふれよいのち。
        あふれよいのち。



        | 1/1PAGES |

        calendar
        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
                
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        読んでミー。
        Booklog
        links
        profile
                 profilephoto
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        神聖喜劇 (第1巻)
        神聖喜劇 (第1巻) (JUGEMレビュー »)
        大西 巨人,のぞゑ のぶひさ,岩田 和博
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        おせっかい教育論
        おせっかい教育論 (JUGEMレビュー »)
        鷲田清一,内田樹,釈徹宗,平松邦夫
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend