憲法記念日のつどい

    2012.05.04 Friday
0


    「九条の会おおさか」の憲法記念日のつどいに参加してきた。
    第2部講演の関西大学法科大学院教授の木下智史さんのお話を自分のメモ替わりとしてここに記録する。

    ------------------------------------------

    日本国憲法は、1946年11月3日に公布され、1947年5月3日に施行された。当時の内閣総理大臣の吉田茂は、当初8月11日に公布し、その半年後の紀元節の2月11日に施行するつもりだったが、審議が遅れたために間に合わなくなり、明治節の11月3日に合わせた。

    1952年までの日本は、連合軍の統治下であったので、憲法記念日は国をあげてのお祭りをしていたが、その年にサンフランシスコ講和条約が締結されてからは、一気に熱が冷めたように政府は何もしなくなった。しかし、日本国憲法は65年間変えられることなく続いてきた。これは国民の力である。

    憲法記念日にするべきことは、何故、日本国憲法ができたのかその歴史を考え、そして、その憲法のもとで、日本は今どのような状態であるのかを考えるべきだ。

    2000年に憲法調査会が各議院に設置され、そして2011年10月に憲法審査会が設置された現在は、第3次の改憲ブームに突入しようとしている。

    第1次は1952年から始まった。サンフランシスコ講和条約発効に伴う独立回復の機運が高まった当時は日本国憲法の支持率がとても低く、「天皇を元首に」「軍隊を持つ」などのついての声があがっていたが、次第に「九条を変えてはいけない」という声が大きくなってきた。

    第2次改憲ブームは90年代の、湾岸戦争がきっかけだった。国際貢献のために自衛隊を海外に派遣できるように9条だけを変えようという動きが大きくなった。それに合わせて、以前からの改憲派が9条以外も変えようとしたために、改憲派が分裂してしまい、また「九条の会」が全国規模で発足されたために、そのブームが終わってしまった。

    そしてこれから始まる第3次改憲ブーム。焦点の一つ目は、「緊急事態」。震災復興の遅れを憲法の所為にして、緊急事態という項目を掲げている。果たして復興の遅れは憲法の所為であるのか。

    二つ目は「一院制」。ねじれ国会の所為で、普天間問題、TPP、消費税などの重要案件が審議できないとしているが、果たしてそうであるのか。国民の支持を得られていないからではないか。

    三つ目は「首相公選制」。今の日本の首相は短期間で替わってばかりであるが、選挙で選べば、最低4年間しなければならなくなるという発想だ。しかし、任期途中で人気がなくなってもそのまま首相をやらせていいのだろうか。また、首相と国会の関係はどうなるのか。第1政党に所属していない首相になった場合、それで国会は運営できるのか。

    四つ目は「憲法改正手続きの緩和」。各議院の総議員の3分の2以上の賛成を、2分の1としたり、国民投票もなくそうとしている案さえある。権力を持っている者たちが、簡単に憲法を変えられないようにしている仕組みを破壊しようとしている。

    以上のように、改憲のポイントで「9条」をあまり全面的に出さないようにしているのが巧妙的である。改憲案はいろいろあるが、どんな憲法の下で暮らしたいのかを考えて、私たちは選ばなくてはならない。

    このような集会に参加するような私たちはマイノリティであるがゆえ、どうして憲法ができたのか、その憲法に照らしあわえて今の日本はどうであるのかを、自分の言葉でたくさんの人たちに伝えて、広めていかなくてなならない。


    いのちをつなぐ〜纐纈あやさん〜

      2012.02.26 Sunday
    0


        「祝の島」監督の纐纈あやさんにお会いしてきた。上映会の後の講演会や交流会でたっぷりとお話を聞かせて頂いた。映画は今回で三回観たことになるが、観るたびに感動があり、とても心地よくなる映画である。昨年、神戸で小出裕章先生と纐纈あやさんとの講演会で、初めて彼女のお話を聴き、その時から是非もう一度お話を聴きたいと思っていたところ、なんと今回、居酒屋で隣に座ってお話を聞けることになり、夢にも思っていない幸運が訪れた。

       今まで色んな方にお会いしてきて、“ホンマもん”の人ほど腰が低く、威圧感がないということを経験してきたのだけれど、やはり纐纈さんもそんな人だった。とても明るく気さくでお酒が好きな人だった。そしていっぱい喋りながらも、自分から遠く離れた席に座っている人のグラスが空いていることに気がつく気配りの細やかな人だった。

       祝島には日本一の棚田がある。纐纈さん曰く、祝島の奥のほうにあり、一時間ほどかけて歩いて行くと急に視界が開けて、そこには天空にそびえる城壁のような棚田が見えてくるそうだ。纐纈さんはその棚田が大好きで、棚田だけで一本映画ができるほど撮影をしたそうだ。

       そこでは平萬次さんという方が70年間、米作りをしている。その萬次さんの祖父の亀次郎さんが、一生をかけて直径1メートル以上もあるような岩を積み重ね、数段の巨大な棚田を作ったのだ。亀次郎さんは、孫の世代の頃には農業も機会化されて大きな面積が必要になるだろうと考えて、当時の常識では大きすぎるような棚田を作ったそうだ。しかし、その次の世代には原野に戻っているだろうとも言っていたようだ。

       祝島の人たちは、目には見えない人たちの話しをよくするという。もう亡くなってしまった人たち、そしてこれから生まれてくるだろう子どもたちの話をする。今ある命は、過去からえんえんと受け継がれてきたからこそ存在し、そして未来につなぐために命があるということなのだろう。だから、祝島には日本一の棚田があり、そして原発に30年間も反対し続けているのだ。

       それに対して、原発の存在そのものはなんて刹那なものなんだろう。今この瞬間の享楽のために、未来を確実に壊している。

       纐纈さんは、「映画は目に見えないものを伝えるためにある」と言った。とても素敵な言葉だ。今は、目に見えないものがどんどん切り捨てられて、数字が要求される世の中になりつつある。そんな現代に警鐘を鳴らし続けていってほしいし、僕もなんらかの形で応援していきたいと強く思った。纐纈さんから元気をたくさん頂いた。感謝!



      笑門来愛

        2012.01.09 Monday
      0
         
        あけましておめでとうございます。
        上の下手くそな文字は、
        今年の年賀状用に書いたものです。
        「笑門来福」という言葉から「笑門来愛」と勝手に作りました。

        「笑門来福」はその文字の通り「笑う門には福来る」くよくよしていないで、明るく笑っているほうが、幸せがやってくるよという意味だと思いますが、その「幸せ」の次のステップとして「愛」という言葉に置き換えてみました。笑顔は周りの人に対しても愛のお裾分けをする行為ではないかと思うからです。愛あふれる一年にしたいものです。

         「笑い」は大切です。そして「明るさは強さなり」だと思います。しかしその反面、笑っているだけで「幸福」が訪れたり「愛」が芽生えたりはしないとも思っています。「幸福」になるための努力が必要です。

        では私たちにとって「幸福」ってなんなんでしょうか? 
        美味しい物をお腹いっぱい食べること?
        縁側でひなたぼっこすること?
        巨万の富を得ること?
        愛する人に巡り会うこと?
        人によって様々でしょう。


        少し前、テレビで芸能人が「お金が全てや。お金で買えないもんはないねん。」と豪語していました。彼の本心かどうかはわかりませんが、今その人は暴力団との繋がりが問題となり芸能界を追い出されています。お金で買えないものはないなんて本心から思っている人が本当にいるんでしょうか。大金來福?


        でも、世の中は経済的な効果を得ることを最大の目標として18世紀ごろからその歯車は回りだし、その回転は加速をつけて現在に至っています。その結果、世界はどうなっているんでしょうか。

        もし世界が100人の村だったら、100人のうち20人は栄養不足で、1人は死にそうです。でも15人は太りすぎになっています。

        すべての富のうち、6人が59%を持っていて、すべてアメリカ人です。74人が39%を、20人がたったの2%を分けあっています。

        すべてのエネルギーのうち20人が80%を使い、80人が20%を分けあっています。

        75人は食べ物の蓄えがあり、雨露をしのぐところがありますが、25人はそうではありません。17人はきれいで安全な水を飲むことができません。

        〜「世界がもし100人の村だったら」より〜


        あきらかに富めるものはどんどん富み、貧しい人たちはそこから抜け出すことができない状態になっています。


        2010
        年の世界の軍事費の合計は16300億ドルです。そのうちアメリカが1位で、6980億ドル(全体の約44%)日本は6位で約46826億円(約585億ドル)です。その軍事費をもっと平和的に有効利用できないもんでしょうか。

        ・世界の飢餓に苦しむ人(8.5億人)の1年分食糧---1040億ドル
        ・世界中の兵器を廃棄する---1720億ドル
        ・世界の全ての埋まっている地雷の除去---330億ドル
        ・全ての地雷被害者に義足・義肢などを贈る---3億ドル
        ・全地球の砂漠化防止---87億ドル
        ・世界中の人々に安全な飲み水と下水設備を提供する---90億ドル
        ・世界中の約2000万人の難民支援避難用テントや毛布---1億ドル

        上記の合計は3271億ドルです。アメリカの1年間の軍事費を使ってもまだお釣りがあるのです。なんて世界は矛盾しているのだろうと思います。特に馬鹿らしいのは、日本は、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)年間1881億円(2.3億ドル)を、今後5年間米軍に支出することになっています。しかし、思いやり予算は米軍に対する経費全体の3分の1を占めているにすぎません。2010年度、日本は米軍基地関係経費に6729億円(7.92億ドル)という莫大な額を負担しています。

        それに対し、原発の賠償金として国から福島県の150万人の人に総額2160億円を支払うことが12月に決まりました。一人たった8万円(18歳以下と妊婦は40万円)です。同じ12月にアメリカのF35戦闘機を42機購入することも決定しています。来年度分4機は1機あたり99億円で、防衛省は来年度予算案に盛り込む方針です。


        話は最初に戻ります。やはりお金は大切で、人間らしい生活を送るためには欠かすことのできないものです。でも、少しでも贅沢な暮らしを、と求めた結果が、その欲望に歯止めが効かなくなり、世界中の人々を巻き込みながら、お金が偏ってしまったのでしょう。そしてお金をてっとり早く儲ける手段として「戦争」が利用されたのです。


        それぞれが自分たちだけの「幸福」を考えていたら、いつまでたってもこの状況から抜け出せないと思います。また、経済的な効率だけを重要視していくと、大切なものを見失ってしまうことでしょう。いや、すでにたくさんのものを僕たちは失ってしまいました。原発事故がその一つです。


        新年早々、ざれごとに付き合って最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。どうか今年もよろしくお願いします。

         


        ガイガーカウンター

          2011.09.11 Sunday
        0
           


          7月に注文をしていた放射線測定器 RADEX-1503が先日やっと届いた。その時は36000円だったのが今は30000円を切っている。それで早速計測したところ、0.15μSV/h前後の値が出る。年間に直すと1.3mSVを超えていることになるので、これはとても高いのではないだろうか。気象庁が発表している大阪の値は0.04μSV/hほどである。僕の計測器は壊れているのだろうか。


          しかし、有志の計測結果を記載している上記のサイトでは、0.15μSV/h前後が多い。いったいどれを信用すればよいのか。

          昨日、京大原子炉実験所の小出裕章先生の講演会があった。その時に小出先生に聞いてみたところ、簡易計測器の出す値は信用しないほうがいいと言われた。特に線量が低い地域で計測すれば高い値が出るそうだ。同じ会場にいた武藤北斗さんもたまたま放射線測定器を持っておられたのだが、武藤さんのそれが検出する値は僕のそれの半分ぐらいの値であった。武藤さんのそれは10万円ほどしたとおっしゃるので、やはりそちらの値のほうが正しいのかもしれない。

          高いお金を出して買って測定したにも関わらず、結局はよくわからないってなんだか悲しい。しかし、うずみ火新聞の矢野さんが今日から福島に取材に行くと聞いたので、そのガイガーカウンターを矢野さんに預けることにした。福島県でしっかり役にたってきてもらおうと思う。




          アフガニスタン人権活動家マラライ・ジョヤさん来日プレ企画・大阪編

            2011.08.27 Saturday
          0



            対テロ?戦争10年
            「アフガニスタン・パキスタンはいま」
            最新取材報告★
            ジャーナリスト西谷文和
            (イラクの子供を救う会代表) 

            「沈黙は暴力 アフガン女性の現状
            ゲスト講演★東京造形大学教授 前田 朗
            (アフガニスタン国際戦犯民衆法廷共同代表) 

             
            日時:2011年9月23日(金)
            午後1:30〜4:30 (開場1:20)
            <スケジュール>
            あいさつ
            前田朗教授 50分
            西谷文和さん 50分
            質疑  30分

            参加費:1000円
            学生半額・高校生以下無料


            場所:西区民センター3F・第4会議室

            大阪市西区北堀江4-2-7 TEL:06-6531-1400
            地下鉄 千日前線「西長堀」駅 7番出口 北へ100m
            地下鉄 鶴見緑地線「西長堀」駅 3番出口 南へ100m





             米英軍によるアフガニスタン侵攻から10年。
             米軍撤退を強調する報道とはうらはら、現在は、過去最高
             (ブッシュ政権時代の3倍)にあたる10万人規模の米軍
             をふくむ15万人もの多国籍軍が展開し、占領状態がつづ
             いています。民間人犠牲者の数は最多記録を更新、女性の
             人権が抑圧される状況も変わりません。
             アフガニスタンはどこに向かうのか?
             国際支援・民間支援のありかたは?
             来月半ばに迫ったマラライ・ジョヤさん来日にむけて、ア
             フガンの今を知り、人権についてともに考える「プレ企画in
             大阪」。ぜひご参加下さい!



            マラライ・ジョヤさん10月来日

            アフガニスタン元国会議員のマラライ・ジョヤさんが今年の10月にアフガニスタンの未来のため講演に来日されます。彼女は公式の場で戦争犯罪者である国会 議員を侮辱したとして、議員資格を停止された他、たびたび命を狙われていますがその明確な主張は国内外で多くの支持を得る一方です。ぜひご参加・ご協力く ださい。 


            1978年生まれ アフガニスタン・ファラー州出身。イランやパキスタンの難民キャンプでの幼少期、RAWAの学校などでの学業を経て、1998年祖国タリバン政権下で禁じられていた女性の地下教育に携わる。地元の医療提供にも大きく貢献。2003年憲法改正のロヤ・ジルガで軍閥政政治家らを戦争犯罪人と糾弾した発言でBBCニュースに最も勇気あるアフガン女性と評され、一躍有名に。2005年第1回総選挙で最年少国会議員に当選。これまで光州人権賞を始めさまざまな人権・平和賞を受賞。暗殺の危機を乗り越えながら、祖国の女性の人権向上のため、また自由と真の民主主義実現のため占領・軍閥・原理主義と闘っている。2011年にはガーディアン誌が「世界のトップ女性活動家100人」に選出。ハーバード・インターナショナルのインタビューでも占領軍、女性の人権や民主主義を語った。


            主催:RAWAと連帯する会・関西

            問合せ:RAWAと連帯する会・関西 
            E-mail:rawa-jpあっとhotmail.co.jp
            TEL:090-3656-740九(桐生)
             http://rawa.jp.org/



            「ピカドンからの66年」肥田舜太郎先生講演会

              2011.08.16 Tuesday
            0







              肥田舜太郎氏講演『大人たちのつくった世界』

                2011.08.16 Tuesday
              0









                LINK元
                http://d.hatena.ne.jp/naibuhibaku/




                市民科学者高木仁三郎

                  2011.08.01 Monday
                0
                   高木仁三郎さんのベッドの正面には次の色紙が飾られていた。

                  本気

                  本気ですれば
                  大抵のことができる
                  本気ですれば
                  何でもおもしろい
                  本気でしていると
                  誰かが助けてくれる


                  これは、高木さんが病に倒れた時に友人のKさん夫妻が
                  長野県の別所温泉に行き、安楽寺の住職さんの書を買い求めて
                  プレゼントしてくれたものらしい。
                  これの書はまさに高木さんのことである。

                  様々な困難にあいながらも、プルトニウムの危険性を世界中の人々に知らしめ
                  情報公開を政府に迫って一定の効果をあげるなど市民の立場にたった科学者として
                  功績を評価され、ライト・ライブリフッド賞という「もうひとつのノーベル賞」を
                  1997年に受賞した人だ。

                  恥ずかしながら僕も最近まで知らなかった人だ。
                  この原発の事故があって、始めて本を開いたのだった。
                  2000年に癌でお亡くなりになっているが
                  もし、高木さんがまだ生きていたなら、と考えてしまう。


                  脱プルトニウム宣言
                              1993年1月3日
                  プルトニウムに未来はなく、未来を託すこともできない。
                  それは冷戦時代の負の遺産にすぎない。
                  今、世界中の心ある人々、そして国々がこの遺産---
                  超猛毒で核兵器材料である物質の脅威をどう断ち、
                  子供たちにプルトニウムの恐怖のない未来をどう残せるか、
                  苦闘を開始している。(以下略)




                  肥田舜太郎先生講演会

                    2011.08.01 Monday
                  0



                    日曜日に肥田舜太郎先生の講演を聴いてきました。
                    「内部被曝の脅威」を読んでから、是非、生の肥田先生のお話をお聞きしたいと
                    思っていましたので、その念願が早くも叶いました。

                    最近、自分の体調がガタガタで、物覚えも悪くなってきて
                    もう老人の領域に入っているのかもと感じていましたが
                    肥田先生の前に出ると、僕などまだまだヒヨッコで
                    もっと頑張らなければと励まされました。

                    50代60代の人間はさんざん楽しく生きてきたんだから
                    後の30年ほどは、人の役にたつことを考えて生きてみてはどうですか
                    という肥田先生の言葉は胸に染み込みました。

                    自分にできることは、なんであるか…





                    原発さよなら関西集会

                      2011.07.10 Sunday
                    0



                      参加者は200人だったそうだ。
                      講演者の一人の武藤北斗さん曰く
                      「思っていたより人が集まっていない。関西はまだまだ関心が低い。」

                      確かにそうだと思う。
                      このような集会に参加する人たちは当然ながら関心が高く、危機感を持っている。
                      でも、職場でこのような話題を持ち出すきかっけを作るのは僕ぐらいで
                      だからどうにかしていかなければならないとまでは発展しなく、
                      なんだかもやもやとした気分になってしまう。
                      そして、目に見えない放射能のことよりも、
                      現実に目の前に見えている仕事のことに気をとらわれてしまう。

                      僕が利用しているSNSだってそうだ。
                      放射能の話題にはいっさい触れない人がとても多い。
                      書いても仕方ないことだからだろうか。

                      放射能は染色体を傷つけてしまい人間を人間でないものにしてしまう最も恐ろしいものであり、そんなものが、今もう目の前にやってきているというのに…。

                      メインの講演の中手聖一さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク代表)のお話で
                      印象に残ったものを書きだしておく。


                      「津波が来れば逃げろっていうじゃないですか。なのに高濃度の放射線量が計測されているにも関わらず、逃げろって言わない国家って何なんですか?」

                      「もう福島県の汚染マップなどを作っている状態ではない。おそらく日本全域が放射能汚染されてしまっている。もう何処も放射能とは無縁ではなく なっているのだ。だから、日本全土の放射能マップを作り、日本の子どもたちを何処で育てたらいいのかを考えなければならない。そして汚染されていない食べ 物をどうやって子どもたちに食べさせていくのかを考える時に入っている。」

                      「全ての原発が止まることはもう確かなことです。それが事故の前に止まるのか、事故の後に止まるか、そのどちらかです。」

                      「子どもたちの命、そして未来は、決して原発と共存できないものです。」


                      関西TVニュース
                      http://www.ktv.co.jp/news/date/20110710m/20110710g_genpatsu_goodbye.asx
                      ※僕が一瞬写ってしまっています…(汗

                      | 1/12PAGES | >>

                      calendar
                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                              
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      読んでミー。
                      Booklog
                      links
                      profile
                               profilephoto
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      神聖喜劇 (第1巻)
                      神聖喜劇 (第1巻) (JUGEMレビュー »)
                      大西 巨人,のぞゑ のぶひさ,岩田 和博
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      おせっかい教育論
                      おせっかい教育論 (JUGEMレビュー »)
                      鷲田清一,内田樹,釈徹宗,平松邦夫
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend