RAISING MY VOICE 013

    2010.03.28 Sunday
0
     父の延命のために、医師たちは彼の足を切断しなければならなかった。実際、彼らは3回手術しなければならなかった。彼は、ソビエトとの戦争の間に手足の一本を失くした何百何千人のアフガン人のうちの一人であった。Handicap Internationalによる2005年度の調査では重度障害になったアフガン人は867000人にまで達したと見積もられた。父に再起不能の重傷を与えたような地雷は、未だに国の至る所に埋められたままで、子供たちや農夫たちに害を与え続け、地雷の製造者たちが帰国した後もずっと邪悪な仕事をし続けている。

     あなたは想像できるかもしれないが、父の負傷は母にとってもトラウマとなり、辛いことであった。さらに悪いことに、彼が負傷を被った後まもなく、私たちと一緒に生活をすることが彼にとってはまったく危険すぎるようになってきた。ソビエトとアフガニスタンの操り人形たちは、この間、数千の反対者たちを殺し続けていた。ハーフィズッラー・アミーンの短い統治の間、傀儡政権自身が、刑務所で殺されたと言われる12000人以上の名簿を公表し、そしてそのことでヌール・ムハンマド・タラキーを非難した。私の父は多くの友人と同僚を失った。そして親ソ勢力は同じように彼を処分することを望んでいることを知った。だから、悲しくも彼は私たちの家族から離れなければならなくなり、亡命者として生きなければならなくなった。

    私の父が去った時、彼の兄であるババック伯父が私たち家族の面倒を見て、養ってくれた。退職者であったが、私たちを支援するために彼は教職の道に戻った。私が幼児の時にこのことが起きたので、私たちの関係性を明確には理解していなかった。そして私はダリー語では「お父さん」を意味する「ババ」という呼び名で私の伯父を呼び始めていた。私の人生においてババック伯父は私や私の全家族においてとても気心の知れた存在であった。彼は政治に興味のある人ではなかったけれども、彼は私の父のソビエトの占領に対しての活動の為に、三度投獄され拷問を受けた。当局は彼が弟の行方の情報を提供しないので、彼を罰し続けたのだ。後年、私の行動主義が人を悩ますことになったのは、彼が原因である。彼の心臓は海外でしか治療できないほど耐えがたい状態であった。ババック伯父は2006年7月に亡くなった。彼の死は私たち全家族にとっては残酷な嵐であった。そして、彼の治療費を支払うことができる境遇にいなかったことが、今も私を苦しめる。




    コメント
    コメントする








       

    calendar
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
            
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    読んでミー。
    Booklog
    links
    profile
             profilephoto
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    神聖喜劇 (第1巻)
    神聖喜劇 (第1巻) (JUGEMレビュー »)
    大西 巨人,のぞゑ のぶひさ,岩田 和博
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    おせっかい教育論
    おせっかい教育論 (JUGEMレビュー »)
    鷲田清一,内田樹,釈徹宗,平松邦夫
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend