きっと多分、そこにいる。

    2010.09.18 Saturday
0

     

     先日、オタクの街、日本橋のとある小劇場で芝居を観てきた。クーラーの効きすぎたビルの一室、舞台の上手側に暗幕で遮られた小さなトイレがあり、誰が用を足しにいくのか、会場にいる観客全員にわかってしまうシステムだ(笑)。

     沖縄の小さな離島の車いすの男が店主のカフェ「あだん」が舞台で、そこに勤める二人の女性、そして近所の客(妻を失くし、その妻にメッセージを届けるために毎日風船を飛ばしている)、隅でタロットをしている中年女性客、婚前旅行にきたカップル、船から落ちた男性客、島に昔から住みついている妖怪キジムナーなどが登場する。で、芝居は一言で言うと、つまらなかった。いったい何を伝えたかったのだろうかと思う。気になったところを思いつくまま書いてみようと思う。

     例えば、ジェット機の爆音が聞こえ、「フェンスの向こうは外国。」という台詞はあるものの、ただそれだけで終わっている。基地問題が取りざたされている現実がある中で、こんな中途半端な触れかたはもどかしい。

     キジムナーが運んできた魚。やすっぽい水色のまんぼうのような縫いぐるみを使っていた。もっとリアルなものを用意することは出来なかったんだろうか。なんだけ見ていてしらけた。

    キジムナーがしかけた「惚れ薬」も、これは演出の悪さが目立ったのか、そんなドタバタも笑えなかっし、キジムナーがお詫びでしかけた何かの薬も、なんだかよくわからなかった。正直な気持ちを口にだせる薬だったんだろうか。最後にマスターもその薬を飲んでしまったけど、なんの予感もできないまま幕は閉じてしまった。

     中年女性客が振り回すのこぎりの演出も、まずかった。やはり台詞が生きていないから、演出もわざとらしくなってしまうのだろうか。キジムナーの台詞の取り違えも、同じような感じだ。わざとらしさが目立っただけで、笑えない。

     また芝居の終盤で、店員が妊娠していることを打ち明ける場面ある。赤ちゃんの父親とは別の人と結婚することになり島を離れると言うのだが、その父親も結婚相手も、この芝居には何の関わりもない人物なので、あまりにも便宜的な使い方だと感じた。

     ホモのカップルと女性と三人で暮らそうという安易な結末も、どうかなと思う。芝居を終わらせるために、そこへ導かれた感じで、必然性も裏切り的な驚きも何もなく、ただ気持ち悪さを感じただけだ。 

     題名は「きっと多分、そこにいる。」とついている。何がそこにいるんだろうと考えてみた。天国にいる妻、一部の人にしか見えないキジムナー…。この二つしか思い浮かばなかった。僕が見つけられないだけかもしれないが、「きっと多分、そこにいる。」ものがもっとたくさん思い浮かべられるような芝居であって欲しかった。

    キジムナーの使い方ももったいないような気がした。どうせならもっと自由に動き回らせて、はじけた舞台が見たかった。

     さて、ここから本題だ。カフェのマスターは車いすで登場したので、何故車いすなんだろうと、芝居を見ながらずっと思っていた。車いすにどんな意味を持たせているのだろうと。そしたら中盤で、マスターは元傭兵でこんな体になったという台詞があった。ま、一応は納得し、アロハの袖の下から見えているタトゥーもそのための演出かと思ったが、元傭兵の割には体も小さく、少し無理があると感じていた。

     芝居が終わってから知ったのだが、その人は、本当に車いす生活者だったのだ。少しショックを覚えた。それは、車いすに意味を求めていた自分にだ。何か重要な意味のある演出だと思っていたからだ。逆に言うと、重要な意味がなければ車いすで舞台にあがるのはふさわしくないと思っていた自分がいるということだ。これは偏見以外のなにものでもない。

     ということで、おそらく芝居の本筋以外で、重要なことに気づかせてもらった舞台であったと思う。しかし、脚本はもっと頑張って欲しいのが本音だ。もっと深みを!


    JUGEMテーマ:演劇・舞台


    コメント
    コメントする








       

    calendar
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
            
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    読んでミー。
    Booklog
    links
    profile
             profilephoto
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    神聖喜劇 (第1巻)
    神聖喜劇 (第1巻) (JUGEMレビュー »)
    大西 巨人,のぞゑ のぶひさ,岩田 和博
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    おせっかい教育論
    おせっかい教育論 (JUGEMレビュー »)
    鷲田清一,内田樹,釈徹宗,平松邦夫
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend