やわらかい服を着て

    2010.10.03 Sunday
0



    防弾チョッキとか軍服などを身につけないという意味だろうか。あるいは、自分だけの考えに捉われず、しなやかに生きよということなのだろうか。

    このドラマには、イラクへの人道支援を本気で考え行動するNGO「ピースウィンカー」の若者たちの姿が描かれている。その純粋さゆえ、代表の栗原は会社を退職し、結婚の為に購入したマンションを手放し、全財産をNGOの為に注いでいく。しかし周囲の人々の無理解や無関心は、やがてNGOの中でさえも軋轢を生むようになる…。

    劇団ひまわりの研究科中間公演として発表されたものだった。やはり永井愛さんの脚本は素晴らしいと思う。台詞を噛む場面が何度かあったが、それでも感動させられたのだ。クレシェンドしていく舞台に心を奪われていき、2時間15分があっと言う間に過ぎて行った。彼らの熱演に拍手を送りたい。

    残念だったのは、ギターが下手くそだったのと、音楽がすべてミスチルの曲をそのまま使っていたこと。ギターはクリアな音が出るように練習して欲しかった。ミスチルの曲を使うのなら、せめてアレンジされた歌詞のないものが良かったと、僕は思う。





    コメント
    コメントする








       

    calendar
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
            
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    読んでミー。
    Booklog
    links
    profile
             profilephoto
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    神聖喜劇 (第1巻)
    神聖喜劇 (第1巻) (JUGEMレビュー »)
    大西 巨人,のぞゑ のぶひさ,岩田 和博
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    おせっかい教育論
    おせっかい教育論 (JUGEMレビュー »)
    鷲田清一,内田樹,釈徹宗,平松邦夫
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend