演劇集団よろずや「バイバイ」

    2011.12.18 Sunday
0


    「演劇集団よろずや」の「バイバイ」を観てきた。
    かつて広島東洋カープに在籍した津田恒美という投手がいた。彼は巨人の原辰徳と直球の真っ向勝負をして原の左手を骨折させたり、二年連続三冠王の阪神バースを直球だけの三球三振に打ち取ったりなどの逸話があり、また空振りを取った時のガッツポーズやその笑顔などで「炎のストッパー」という愛称を付けられた伝説の投手である。しかし、彼は若くして脳腫瘍でこの世を去るのだが、彼を支え続けた野球仲間、姉そして妻との物語がこの芝居で描かれている。

    舞台の真ん中にマウンドがある。他には何もなくシンプルな舞台だ。歓声が大きくなるにつれ会場の照明が消えて真っ暗な闇になる。歓声が最大限になった時、マウンドにライトが当たる。一人の投手が立っている。野球帽を被りグローブは持っているが、よく見るとユニフォームではなくパジャマ姿だ。ゆっくりと高く足を上げ、大きく振りかぶる。筋肉の流れを感じるようなフォームだ。球を投げた瞬間、「ブン」と音がした。「つーちゃん、ここに居たの」と奥さんがいつのまにか横にたっている。歓声は消えていた。「うん」と津田が答える。

    こうやって芝居が始まった。最初から張り詰めた緊張感があり何かそれだけで胸がいっぱいになったような気がした。僕はあまり野球に興味はなく、だから球団や選手のことも何も知らないのだが、そんなことは全く気にはならなかった。野球のシーンは何度があったが、とても躍動感とキレがあり迫力を感じた。そして津田選手の野球にかける情熱や責任感、マウンドの上の男っぷり、そしてマウンドから下りている時の神経質なほどの気の弱さや周囲の人に対する優しさ、それゆえにみんなから愛されていたことが、痛いほど伝わってきたのだ。

    妻と「バイバイ」という台詞が数回いろんな場面で交わされるのだが、それがお互いなんとも可愛らしく、そしてせつなかった。その台詞を聞くたびに「ドキッ」とするのだ。とにかく芝居を観ながら途中、何度も泣いてしまった。特に最後の場面では感極まり、その為にどんな台詞だったのか逆に思い出せない。確か最後には「バイバイ」と言ったような気がしないのだが…、どうだったんだろう。

    芝居が終わった後、目に涙を貯めたまま、鼻水をたらしたまま、物販のコーナーにいた竹田朋子さんに会いに行ったら、爽やかなからっとした笑顔で「噛みまくりました〜」って。人を泣かせといて僕とのこの落差に、さすが女優!と思わずにいられなかった(笑)。寺田夢酔さんにも握手をして頂いた。「予約番号1番です。感動しました!」って。






    ガイガーカウンター

      2011.09.11 Sunday
    0
       


      7月に注文をしていた放射線測定器 RADEX-1503が先日やっと届いた。その時は36000円だったのが今は30000円を切っている。それで早速計測したところ、0.15μSV/h前後の値が出る。年間に直すと1.3mSVを超えていることになるので、これはとても高いのではないだろうか。気象庁が発表している大阪の値は0.04μSV/hほどである。僕の計測器は壊れているのだろうか。


      しかし、有志の計測結果を記載している上記のサイトでは、0.15μSV/h前後が多い。いったいどれを信用すればよいのか。

      昨日、京大原子炉実験所の小出裕章先生の講演会があった。その時に小出先生に聞いてみたところ、簡易計測器の出す値は信用しないほうがいいと言われた。特に線量が低い地域で計測すれば高い値が出るそうだ。同じ会場にいた武藤北斗さんもたまたま放射線測定器を持っておられたのだが、武藤さんのそれが検出する値は僕のそれの半分ぐらいの値であった。武藤さんのそれは10万円ほどしたとおっしゃるので、やはりそちらの値のほうが正しいのかもしれない。

      高いお金を出して買って測定したにも関わらず、結局はよくわからないってなんだか悲しい。しかし、うずみ火新聞の矢野さんが今日から福島に取材に行くと聞いたので、そのガイガーカウンターを矢野さんに預けることにした。福島県でしっかり役にたってきてもらおうと思う。




      マラライ・ジョヤ来日決定!

        2011.08.27 Saturday
      0
         あのマラライ・ジョヤが

        ついに日本にやってくる!













        <RAWA連よりのメッセージ>




        ★☆★マラライ・ジョヤさん日本講演ツアー決定!★☆★
         
         この秋、私たちRAWAと連帯する会では、アフガニスタンで著名な女性活動家で元国会議員のマラライ・ジョヤさんを日本にお迎えする運びとなりました。

         その背景には9.11後のアフガニスタンが大きく関わっています。米軍のアフガン攻撃から丸10年が経ちました。『対テロ戦争』と位置付けられたこの戦争を 欧米諸国も日本も支持・支援してきましたが、その結果アフガニスタンはどうなっているでしょうか?
         
         米軍・国連が承認したISAFによる空爆などで多くの民 間人を含む被害者を出しています。加えて、これに抵抗する「タリバン」などの反対勢力の反撃(自爆攻撃を含む)でもたくさんの一般市民が巻き添えに遭う状 況が続いています。
         


         米軍は開戦当初、攻撃理由の一つに「タリバンの女性への厳しい抑圧からの解放」を掲げていましたが、女性を巡る状況も改善 されず、女性の人権向上奉仕を掲げるトムソン・ロイター(英)のもと行われた調査でも「アフガニスタンは女性にとって最も危険な場所」という結果となりま した。

         かつて文明の十字路と呼ばれ繁栄したアフガニスタンは今や西アジアの最貧国となってしまいました。しかし、例年の現地訪問を通じ、私たちはそんなな かでも前向きに闘っている人がいることを知りました。今人々は何を望みどう行動しようとしているのでしょうか。



         今回現地からジョヤさんにお越しいただくのには、平和と人権、民主主義に向かうアフガニスタンの現状について生の声を聴ける、多数の市民を代表して何が必要なのかを話して頂ける という大きな意義があります。わたし達は給油法により自衛隊海外派兵を実現し、50億ドルという支援金でアフガン警察を支えて いる日本の支援の在り方も問い直さなければいけません。
          


         またこの講演会を通じ、RAWAへの支援とRAWA連への参加を働きかけ運動を広げ、アフガニ スタンを身近なものと感じて頂ける方を増やし今後の継続的な支援をめざしたいと思います。 ぜひ一人でも多くの方のご参加、ご協力をよろしくお願いしま す。





        ★☆★ 講演日程予定 ★☆★

        10/16(日)14時  広島市まちづくり市民交流プラザ5F研究室AB
        ★「アフガニスタンに真の平和と民主主義を」
        (JR「広島」から広電「袋町」徒歩3分)
        http://www.cf.city.hiroshima.jp/m-plaza/kotsu.html
        主催:マラライ・ジョヤ広島講演実行委員会
        問合:090-8602-4232(ヒナダ)


        10/18(火)18時半 沖縄教育福祉会館ホール3階大ホール
        ★「アフガニスタン元国会議員・女性活動家マラライ・ジョヤが語る
        〜占領下に生きる〜アフガニスタンの平和と民主主義を求めて」
        (モノレール「古島」バス「興南高校前」「古島」「古島インター」)
        http://kaikan.oki-htu.or.jp/tizu/annaizu/index.htm
        主催:マラライ・ジョヤ沖縄講演実行委員会
        共催:RAWAと連帯する会
        問合:TEL/FAX098-863-4776(沖縄仲間共同事務所Nオフィス)


        10/19(水)13時  沖縄国際大学 非公開授業


        10/21(金)18時  大阪女学院大学
        ★「マラライ・ジョヤの生の軌跡〜アフガニスタン女性人権活動家の物語〜」
        (環状線「玉造」下車西500m空堀町交差点北入徒歩8分、
        地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」下車1番出口西へ徒歩3分)
        http://www.osaka-jogakuin.ed.jp/general/about/access.html
        主催:大阪女学院大学国際共生研究所
        協力:RAWAと連帯する会
        問合:06-6761-9341(国際・英語学部 奥本京子)


        10/22(土)13時半 同志社大学 今出川キャンパス 博遠館
        ★「アフガニスタンの民主化と今後の課題〜アフガン女性の視点から」
        (京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」京阪「出町柳」)
        http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html
        主催:同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科
        アフガニスタン平和・開発研究センター


        10/23(日)13時半 吹田さんくすホール
        ★「私は声を上げる!祖国アフガニスタンに自由と平和、民主主義を求めて」
        (JR吹田駅すぐ吹田さんくす1番館の4階)
        http://www.parara.com/map/ekimae/suita_b3.htm
        主催:RAWAと連帯する会/マラライ・ジョヤ講演会大阪実行委員会
        問合:090-3656-7409(桐生)


        10/25(火)14時  院内集会 参議院議員会館 一般参加OK
        (地下鉄「国会議事堂前」or「永田町」)
        http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm


        10/26(水)19時  明治大学リバティタワー
        ★「アフガニスタンに自由と民主主義を求めて 元国会議員の闘い」
        (JR「御茶ノ水」or地下鉄「神保町」)
        http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
        共催:RAWAと連帯する会/明治大学社会思想史研究会
        問合:090-4062-6715(RAWA連関東)


        10/27(木)15時  名古屋学院大学 白鳥校舎 翼館302号室
        ★「アフガニスタン社会・女性・国際協力」
        (地下鉄名港線「日比野」名城線「西高蔵」徒歩約8分)
        http://www.ngu.jp/outline/access.html
        主催:名古屋学院大学外国語学部国際文化協力科
        問合:msatake@ngu.ac.jp


        10/28(金)16時半 大阪大学 豊中キャンパス スチューデントコモンズ
        ★「アフガニスタンで平和を創るということ〜イスラムと女性の現在〜」
        (阪急「石橋」徒歩約20分or大阪モノレール「柴原」徒歩約15分
        http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/accessmap.html
        主催:大阪大学コンフリクトセミナー


        10/29(土)13時半 京都大学 吉田南キャンパス 人間環境学研究科 地下講義室
        ★「祖国に自由と真の民主主義を求めて
        〜占領・軍閥・原理主義との闘い〜」
        (京阪「出町柳」徒歩約10分、市バス「京大正門前」)
        http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/
        主催:PJ21(京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室)
        共催:RAWAと連帯する会/ピースウォーク京都
        問合:PJ21kyoto@gmail.com / 090-3656-7409(桐生)



        #時間や場所の詳細は情報を随時更新していきますのでご確認を願います。




         ★☆★ マラライ・ジョヤさんってどんな人? ★☆★ 
         

         
         ジョヤさんは2003年憲法制定のためのロヤジルガでの発言で世界中に知られました。そこに居並ぶ戦争犯罪人らに対し、その罪をこそ問わねばならないと糾 弾、まだ24歳の地方出身女性の勇気ある声には拍手が沸きましたが、議長はマイクの電源を切り発言を遮り、その場から追放しました。

         しかし2005年、 ジョヤさんはファラー州から国会議員に立候補し、見事2位で当選。権力による圧政を批判した発言で議員資格を停止された後も、命を狙われながら活動を続け ています。正義と向き合う彼女に希望の輪が集まり世界で支持が広がっています。

         


         1978年生まれ アフカ゛ニスタン・ファラー州出身。イランやパキスタンの難民キャンプでの幼少期を経て、祖国タリバン政権下で女性の教育や医療向上に大きく貢献。これまで女性のための平和賞、光州人権賞など人権に関わる数多くの賞を受賞。

         BBCニュースに最も勇気あるアフガン女性と評され、そのロヤ・ジルガでの発言が放映され一躍有名に。2011年にはガーディアン誌が「世界のトップ女性活動家100人」に選出。ハーバード・インターナショナルのインタビューでも占領軍、女性の人権や民主主義を語った。
         




        ★☆★ ボランティア大募集!! ★☆★

         ツアーを成功させるために ご協力をお願いします。当日運営、宣伝、カンパ集め、翻訳、etc. できることで支えて下さい。 歓迎します。下記連絡先までぜひお申し出をお願いします。

        マラライ・ジョヤ講演会問合せ・連絡先:RAWAと連帯する会 
        090-3656-740九(桐生)
        (あっとまーくを@に変えてくださいね)




        ★☆★ RAISING MY VOICE 日本語版 ★☆★
        来日にあわせてジョヤさんの自伝「RAISING MY VOICE」の
        日本語版が耕文社より発刊される予定です。ご期待下さい。

        アフガニスタン人権活動家マラライ・ジョヤさん来日プレ企画・大阪編

          2011.08.27 Saturday
        0



          対テロ?戦争10年
          「アフガニスタン・パキスタンはいま」
          最新取材報告★
          ジャーナリスト西谷文和
          (イラクの子供を救う会代表) 

          「沈黙は暴力 アフガン女性の現状
          ゲスト講演★東京造形大学教授 前田 朗
          (アフガニスタン国際戦犯民衆法廷共同代表) 

           
          日時:2011年9月23日(金)
          午後1:30〜4:30 (開場1:20)
          <スケジュール>
          あいさつ
          前田朗教授 50分
          西谷文和さん 50分
          質疑  30分

          参加費:1000円
          学生半額・高校生以下無料


          場所:西区民センター3F・第4会議室

          大阪市西区北堀江4-2-7 TEL:06-6531-1400
          地下鉄 千日前線「西長堀」駅 7番出口 北へ100m
          地下鉄 鶴見緑地線「西長堀」駅 3番出口 南へ100m





           米英軍によるアフガニスタン侵攻から10年。
           米軍撤退を強調する報道とはうらはら、現在は、過去最高
           (ブッシュ政権時代の3倍)にあたる10万人規模の米軍
           をふくむ15万人もの多国籍軍が展開し、占領状態がつづ
           いています。民間人犠牲者の数は最多記録を更新、女性の
           人権が抑圧される状況も変わりません。
           アフガニスタンはどこに向かうのか?
           国際支援・民間支援のありかたは?
           来月半ばに迫ったマラライ・ジョヤさん来日にむけて、ア
           フガンの今を知り、人権についてともに考える「プレ企画in
           大阪」。ぜひご参加下さい!



          マラライ・ジョヤさん10月来日

          アフガニスタン元国会議員のマラライ・ジョヤさんが今年の10月にアフガニスタンの未来のため講演に来日されます。彼女は公式の場で戦争犯罪者である国会 議員を侮辱したとして、議員資格を停止された他、たびたび命を狙われていますがその明確な主張は国内外で多くの支持を得る一方です。ぜひご参加・ご協力く ださい。 


          1978年生まれ アフガニスタン・ファラー州出身。イランやパキスタンの難民キャンプでの幼少期、RAWAの学校などでの学業を経て、1998年祖国タリバン政権下で禁じられていた女性の地下教育に携わる。地元の医療提供にも大きく貢献。2003年憲法改正のロヤ・ジルガで軍閥政政治家らを戦争犯罪人と糾弾した発言でBBCニュースに最も勇気あるアフガン女性と評され、一躍有名に。2005年第1回総選挙で最年少国会議員に当選。これまで光州人権賞を始めさまざまな人権・平和賞を受賞。暗殺の危機を乗り越えながら、祖国の女性の人権向上のため、また自由と真の民主主義実現のため占領・軍閥・原理主義と闘っている。2011年にはガーディアン誌が「世界のトップ女性活動家100人」に選出。ハーバード・インターナショナルのインタビューでも占領軍、女性の人権や民主主義を語った。


          主催:RAWAと連帯する会・関西

          問合せ:RAWAと連帯する会・関西 
          E-mail:rawa-jpあっとhotmail.co.jp
          TEL:090-3656-740九(桐生)
           http://rawa.jp.org/



          「悲しむ力」中下大樹

            2011.08.24 Wednesday
          0

            子供の時、感受性の強かった僕はそれを素直に受け止めることが出来なくて、できるだけ能面を装うようにしていたように記憶する。でも、心はいつもヒリヒリしていた。大人になってからもそんな一面は残っていて、感情を制御するためにいろいろなものを切り捨ててきたような気がする。

            それは、悲しみであったり、寄り添う気持ちであったり、祈りであったり、抱きしめる行為であったり、お詫びする心であったり、感謝であったり喜びであったり、そのようなものではないだろうか。僕はそれらを伝えたり行動するのが下手くそだったのである。

            著者はまだお若いお坊さんであるが、ホスピス勤務そして東北の大震災で多くの方の死を看取られ、悲しみや苦しみに寄り添ってこられた方である。決して強い人ではなく、ご自分の心を引き裂きながらも、悟りを開こうと努力されている方のように思える。

            本書の様々なエピソードは、著者の中下大樹さんの心の弱さもさらけ出しながら、人に寄り添い繋がって生きていくことの大切さが謙虚に描かれている。そして、たとえ苦しみの中でも、その苦しみを受け入れ、苦しみと共にあるがままに生きることを説いている。そう、被災地の方には、遠くの安全な場所から「がんばれ」ではなく、一緒に悲しむことが大切だと。

            今、五郎の生き方

              2011.08.20 Saturday
            0
               

               昨年、TVと舞台の両方で倉本聰さんの「歸國」を観た時に、それまでの倉本聰ではない何か嫌なものを感じて落胆したのだったけれど、さきほどBSフジの『北の国から』放映30周年記念特別番組『今、五郎の生き方 〜2011夏 倉本 聰〜』というドキュメンタリーを観て、再び「北の国から」の時の倉本聰さんに戻っているような気がして嬉しくなった。

               倉本の中にはまだ五郎は生き続けていて、今の五郎の家族を語ってくれた。蛍の旦那の正吉はいわき市で津波に流されて亡くなったそうだ。蛍は看護婦だから旦那を無くした悲しみを抱えながら被災地でボランティアをしているという。純は埼玉に住んでいたが、正吉が亡くなったことがショックで彼も東北に出かけて瓦礫を撤去するボランティアをしているそうだ。で、五郎は蛍の息子と二人で富良野で相変わらず自足自給の生活をしている。でも彼は税金も払っていないし年金も積み立てていなかったから、役所にとっては厄介な存在になっている。役所の人間が尋ねてきたら逃げまわるそうだ。彼は自分には生活保護も何ももらう資格ないと思っていて、ほとんどお金を使うような生活はしていない。物を作っては物々交換などをしているそうだ。今の「北の国から」を観たいと思った。倉本さん、書いてください。

               戦後の日本はブレーキとバックギアのない車と同じだったと倉本さんは言う。前へ進むことしかできない高速道路をずっと走ってきたのだと。「浪費が善だ」とする消費至上主義に対する批判をこめて倉本さんは富良野塾をやってきたわけだけど、3.11で「やはり来たか」と思ったそうだ。

               彼は、不便だけど昔の生活にもどって原発のない暮らしと、便利だけど原発の恐怖を感じながら生活する暮らしと、どっちを選びますかと、講演で聞いてみるそうだ。年配の人たちは原発のない暮らしを選びたいという人がほとんどだが、若い人達はその反対だという。不便な生活を想像することができないから、そちらの恐怖を感じるのだと若い劇団員は言っていた。

               その点、倉本聰さんならもっと想像力を働かせて欲しかったと思う。原発は今生きている人たちだけの問題ではないということを。そこまで講演会で話をしてくれると、若い世代でも原発のない暮らしを選んだと思うのだが。

               倉本さんのインタビューの合間合間に「北の国から」の有名なシーンが少しずつ流れた。純と蛍が、ボロボロになって捨てられた運動靴を、ゴミ置き場の中を探している。その靴は母親が買ってくれたもので、大事に大事に履いてきたものだったが、母親の葬式の時、その再婚予定のおじさんが、ボロボロの靴を見かねて新しい靴を買ってくれたのだった。おじさんが捨てる時も嫌だとは言えず、夜になって二人でゴミ置き場に探しにきたのだった。でも、そこへ警官がやってきて問い詰められる。純はシドロモドロになりながら答えるのだが、母さんは四日前に死にましたと言った途端、警官は急に態度が変わり一緒に探し始める。二人は呆然とたったまま涙を流す。そんなシーンだ。ほんの一分ほどのシーンだけど、また泣いてしまった(笑)

               富良野塾は昨年閉鎖されて、塾生たちが作ってきた建物も自然に返すということらしい。その場所に富良野塾の起草文が刻まれた石碑がある。


              あなたは文明に麻痺していませんか?
              石油と水はどっちが大事ですか?
              車と足はどっちが大事ですか?
              知識と智恵はどっちが大事ですか?
              批評と創造はどっちが大事ですか?
              理屈と行動はどっちが大事ですか?
              あなたは感動を忘れていませんか?
              あなたは結局
              何のかのと云いながら
              わが世の春を謳歌していませんか?

                        聰



               倉本さんの脚本を書くエネルギーの元は「怒り」だそう。僕も「怒り」続けたいと思う。
              今だからこそ、倉本さんに「北の国から」を再び書いて欲しいと切に思う。




              「ピカドンからの66年」肥田舜太郎先生講演会

                2011.08.16 Tuesday
              0







                肥田舜太郎氏講演『大人たちのつくった世界』

                  2011.08.16 Tuesday
                0









                  LINK元
                  http://d.hatena.ne.jp/naibuhibaku/




                  市民科学者高木仁三郎

                    2011.08.01 Monday
                  0
                     高木仁三郎さんのベッドの正面には次の色紙が飾られていた。

                    本気

                    本気ですれば
                    大抵のことができる
                    本気ですれば
                    何でもおもしろい
                    本気でしていると
                    誰かが助けてくれる


                    これは、高木さんが病に倒れた時に友人のKさん夫妻が
                    長野県の別所温泉に行き、安楽寺の住職さんの書を買い求めて
                    プレゼントしてくれたものらしい。
                    これの書はまさに高木さんのことである。

                    様々な困難にあいながらも、プルトニウムの危険性を世界中の人々に知らしめ
                    情報公開を政府に迫って一定の効果をあげるなど市民の立場にたった科学者として
                    功績を評価され、ライト・ライブリフッド賞という「もうひとつのノーベル賞」を
                    1997年に受賞した人だ。

                    恥ずかしながら僕も最近まで知らなかった人だ。
                    この原発の事故があって、始めて本を開いたのだった。
                    2000年に癌でお亡くなりになっているが
                    もし、高木さんがまだ生きていたなら、と考えてしまう。


                    脱プルトニウム宣言
                                1993年1月3日
                    プルトニウムに未来はなく、未来を託すこともできない。
                    それは冷戦時代の負の遺産にすぎない。
                    今、世界中の心ある人々、そして国々がこの遺産---
                    超猛毒で核兵器材料である物質の脅威をどう断ち、
                    子供たちにプルトニウムの恐怖のない未来をどう残せるか、
                    苦闘を開始している。(以下略)




                    肥田舜太郎先生講演会

                      2011.08.01 Monday
                    0



                      日曜日に肥田舜太郎先生の講演を聴いてきました。
                      「内部被曝の脅威」を読んでから、是非、生の肥田先生のお話をお聞きしたいと
                      思っていましたので、その念願が早くも叶いました。

                      最近、自分の体調がガタガタで、物覚えも悪くなってきて
                      もう老人の領域に入っているのかもと感じていましたが
                      肥田先生の前に出ると、僕などまだまだヒヨッコで
                      もっと頑張らなければと励まされました。

                      50代60代の人間はさんざん楽しく生きてきたんだから
                      後の30年ほどは、人の役にたつことを考えて生きてみてはどうですか
                      という肥田先生の言葉は胸に染み込みました。

                      自分にできることは、なんであるか…





                      << | 2/69PAGES | >>

                      calendar
                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                              
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      読んでミー。
                      Booklog
                      links
                      profile
                               profilephoto
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      神聖喜劇 (第1巻)
                      神聖喜劇 (第1巻) (JUGEMレビュー »)
                      大西 巨人,のぞゑ のぶひさ,岩田 和博
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      おせっかい教育論
                      おせっかい教育論 (JUGEMレビュー »)
                      鷲田清一,内田樹,釈徹宗,平松邦夫
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend