だれかとの出会いのなかでじぶんが「打ち開かれる」経験

    2010.10.04 Monday
0
    もう泣きたいくらいに「そうや!そうや!」と手を叩いて激しく同意した本である。
    橋下知事に読ませたい一冊である。

     【付箋をいれたところ】

    ・「どういう教育であるべきか」という問いは、何よりも「共同体が生き延びるために」という目的が掲げられなければならない。
    ・教育というのは、子供の言い分なんか聴いてる暇はないんです。
    ・「まなび」というのは知識の習得ではない。人に何かを諭されることだ。口で、ではない。その人のふるまいや佇まいに諭される、そういう経験のことである。諭されるという言葉が硬ければ、ベルクソンにならって、だれかとの出会いのなかでじぶんが「打ち開かれる」経験だと言ってもいい。
    ・実在の、あるいは書物のなかのひととの出会いをきっかけに、それまでより「もっと見晴らしのよい場所に出る」ということが、「まなび」の意味だと、わたしはおもう。
    ・「じぶんはだれか?」と問う時には、じぶんがこれまで出会い、それを機にじぶんが打ち砕かれてきたその不連続の出来事、そしてじぶんを打ち砕いた相手の名前を列挙する
    ・「まなび」は他者をとおして起こるものであり、あのときはわからなかったが今だったらわかるというふうに、長い時間のなかでじっくり醸成されてゆくものなのだからだ。
    ・「まなび」が、このように「魂が打ち開かれる」あるいは「動かされる」経験だとすれば、それはこれまでのじぶんが砕け散るという体験をつねにともなう。壁にぶち当らずに、道を逸れずに、まっすぐ進むというのではなく、つまずく、揺れる、迷う、壊れる・・・ということ、そこからしか「まなび」は始まらない。その意味では、落ちこぼれや挫けもまた、大事な「まなび」のプロセスなのである。
    ・期待のしすぎでもしなさすぎでもない上手な期待というのは、期待への応え方にある裁量の余地を残すものだ。
    ・学力も同じだと思うんですよ。「学ぶ力」なんだから、その力を使って何を学ぶのか、学んだことをどんなふうに生かすのかが問題なのであって、「学ぶ力」自体は人と比べるものじゃない。それより、どうやれば「学ぶ力」は活性化するのか、それを考えたほうがいい。
    ・僕はもう、「教育」という言葉自体が昔から嫌いでね。「教える」も「育てる」も他動詞でしょ。僕は教育者がするのは教えることやなくて、子供がここにいたら勝手に育つという場をどれだけ用意できるか、それだけやと思うんですよ。
    ・人間っていうのは自己利益を追求するだけじゃ限界を超えられないんですよ。「他人のため」という動機がないと技術的な限界は超えられない。
    ・エリートは、自分が超えられない、自分を超えた存在があって、自分のすべきことはそれに奉仕することだと考える。逆に自分を超えるものはないと思い込んでいるのが大衆。
    ・教育とか学術とか芸術とか、そんなクリエイティブな仕事には、達成度評価というのはなじみません。だって、達成度は計画に対して測られるもの。けれども創造的な仕事とは、想像だにしていなかったものが生まれることだからです。
    ・教育危機の現況に臨んで、私たちがまずなすべきことは、なによりも教育現場に「誇りと自信と笑い」を取り戻すことである。

    まるで胡蝶の夢〜インセプション〜

      2010.08.19 Thursday
    0
      昔読んだ夢枕獏の「サイコダイバーシリーズ」を思い出したが、サイコダイバーがどんな話だったかはあまり思い出せない。

      「インセプション」は人の夢の中に入り込み、そこからアイデアを盗み出したり、あるいはアイデア(感情)を植え付けたりして、人を操作するという荒唐無稽な話である。なにがしらの機械を媒介してなにがしらの薬を点滴すれば共通の夢が見られるらしい。そしてターゲットとなる人の夢の中に入っていく。また「設計士」と呼ばれる舞台となる夢を設計する人物も登場する。設計士が考えた通りの舞台が夢の中でできあがる。エッシャーのだまし絵の世界だって作ることができるのだ。

      夢の中では本来自由だ。気付けば死の恐怖からも逃れられるからだ。僕は子どもの頃、思った通りの夢を見ることができた。高いところから飛び降りたいと願ったら、夢の中で崖の上に立つことが出来た。そして「これは夢なんだろうか。」と躊躇しながら飛び降りた。股座から風を感じながら目が覚めた。そんな記憶がある。今はもうそんなことは出来なくなってしまったが。

      映画では、夢の中で夢に潜り込み、さらに夢に潜り込んでいき、どんどん階層が深くなっていき、それぞれの階層で物語が展開していく。夢の階層が深くなるにつれて時間の速度が、覚醒時の5分が夢の中では100分、夢の中の夢では2000分というふうに変化していくのだ。

      主人公のコブはかつて、愛する人とお互いをより深く知りたくなり、夢の階層深く潜り込み、そこで50年暮らし、二人だけの世界を築き上げた。しかし、やがて夢と現実の区別が出来なくなった彼女は自らの命を絶ってしまうのだ。そんなトラウマを引きずったまま物語が展開していく。

      映画では、彼のトラウマも癒され、子どもたちとも再会する場面で終わっているが、果たして物語はこれで終わっているのだろうか。子どもたちは全く歳もとっていなかったし、服装も夢に出てきた姿と同じだった。そもそも彼女は本当に自殺をしたのだろうか? 彼女が立っていた場所は何処なんだろう。何故彼女はあんな場所に立つことができたのか?そして、コブが日本のホテルに居た時に、テーブルの上にあった本には「キリスト教」と大きく書かれていた。何故ホテルにそんなものが?どんな意味があるんだろう。

      謎は探せばいくつでも出てきそうな映画だ。


      クロッシング

        2010.07.04 Sunday
      0






         泣ける映画が良い映画だとは思えないが、この映画は本当に辛くて悲しくて、体が震えるくらい泣けてしまった。観終わった後は、まるでプールから這い上がってきたような疲れを感じたのだった。

         生きるために脱北せざるをえない北朝鮮の現実。2007年の現代を描いたとはとても思えない映像ばかりだで、まるでTVや映画で知る終戦直後の日本のようだ。いや、それよりも悲惨である。日本には同じ日本人を閉じ込める強制収容所などはなかっただろうから。

        主人公は、結核にかかってしまった身ごもっている妻のために、中国へ出稼ぎに密入国したのだが、結局亡命せざるを得なくなる。妻の為に薬を買いあさり、子供の為にサッカーボールとシューズを買うのだが、食べるものもなくなってしまった妻は亡くなってしまう。そして一人ぼっちになってしまった子供は父を追いかけ中国に密入国しようとするが…。

         北朝鮮の村々がどのような感じなのかは見たことがないのでわからないが、この映画の質感はリアリティを感じさせるものがあった。そして、登場人物の精神性を表しているような美しい映像が多かったように思う。たとえば何度か使われる「雨」のシーンが、とても印象的だった。

         この映画は単に泣ける安っぽい映画ではないことだけは確かだ。

        どんな神であれ感謝する我が負けざる魂に

          2010.02.07 Sunday
        0


          歓声と応援歌のようなものが次第に大きくなっていく。ラグビーの練習風景が映し出される。綺麗に整備された芝生の上で白人たちがサンドバックにタックルをしている。カメラは移動し、道路をはさんだ反対側のグランドに向けられる。なんの整備もされていないただの広場で、身なりの貧しい黒人の子供たちがサッカーをしている。歓声が大きくなる。サッカーをしている子供たちは道路側に駆け寄る。ラグビーをしていた白人たちもフェンスに集まる。道路を車の集団が走っている。子供たちは「マンデラ!マンデラ!」を拳を振り上げ歓声を送る。マンデラが釈放されたその日だったのだ。

          この場面だけで当時の南ア共和国の状況がよくわかり、この後の物語の始まりとして相応しいシーンだ。27年間も牢獄に囚われていたにも関わらず彼が行ったことは、相手を赦すという行為だ。長年アパルトヘイトによって苦しめられてきた黒人たちにも、その行為を促した。そしてラグビーというスポーツを通じて奇跡をマンデラは起こしたのだ。

          マンデラの魂の高潔さに心を打たれながら、その心に呼応してひとつになっていく選手たち、観客、そして国民たち。伝播していくその熱と光が否応なく僕にも降り注いできたのだ。最後のラグビーの試合の場面では、体は熱くなり、腹の底より横隔膜を震えさせながら込み上げてくるものが確かにあった。これこそ歓喜だ。国がひとつとなった瞬間に立ち会えた喜びだ。

          しかし、一度奇跡が起きたからといって、世の中はそんなに簡単に変るものではないと、今の南ア共和国の現状を見て悲しいかなそう思う。白人と黒人の経済格差は依然として大きく黒人の失業率は約40%と高い。また成人の五人に一人がエイズ感染者で、ヨハネスブルクは世界最悪の犯罪都市と言われている。アパルトヘイト時代に教育を受けることができなかった人たちがたくさんいることが一因とされているので、マンデラが望んだ虹の国となるのは、まだまだ時間がかかりそうだ。だからこそ、この映画は本当に価値のある映画だと思う。

          JUGEMテーマ:映画

          心に刺青を

            2009.12.29 Tuesday
          0
             
            本を読んでいて気になる箇所があると、僕は付箋をつける。後から探しやすくするためだ。先ほど読み終わった本は、付箋だらけになった。ほとんどのページに付箋をつけてしまったのだ。それは「私とマリオ・ジャコメッリ <生>と<死>のあわいを見つめて 辺見庸」と言う本だ。




            ジャコメッリのモノクロームな作品と辺見庸の言葉が相乗効果を生み出し、この本の中に意識が埋没してしまうのだ。まさに「眠っていた記憶の繊毛たちがいっせいにざわざわと動きだし、見る者はいつしか、語ろうとして語りえない夢幻の世界への回廊を夢遊病者のようにあるいている(P10)」そんなジャコメッリの世界と、鋭利な刃物でのど元を撫でられるような辺見庸の言葉に、仙骨から脳髄へ突き抜けるような快感が走る。

            ジャコメッリに対する辺見庸のなりの解(ほど)きかたがカッコ良すぎるのである。
            「<記憶の原色>は色を超えたモノクロームである。」
            「モノクロームは<想像への入口>であり、それに着色するのはわれわれの内的な作業である。」
            「かれは頑固なまでにモノクロームにこだわり、白と黒の世界に「時間と死」を閉じこめつづけ、そうすることで「時間と死」を想像し思弁する自由をたもちつづけた。」
            「かれは私に現世とのうじゃけた馴れあいを断つようにもとめる。<黙(もだ)せ>と無言で命じるのだ。」

            紹介したいのはいろいろあるのだが、次の文章が好きだ。ある作家がシャッター音を、死んだ小鳥が水に落ちたような音と表現していることに対して、「ジャコッメリの映像を眼にするときはいつもそうした音が耳の底にわく。水とはひとのいない山奥の湖かもしれない。そこに息たえた小鳥が空から垂直に落下し、湖面を打つかすかな音がして、同時に、一閃の記憶が水面に結像する。ジャコメッリの映像はそうやって生まれてくる、と私は根拠もなく信じている。」と書いている。

            年末の気忙しい時期なのに、この本をひとたび読み始めると、少しだけ異世界に迷い込むような錯覚がするほどそんな不思議な本だった。

            そうそう、辺見庸の詩も数篇掲載されていて、思わず朗読をして録音してしまった。でも、聞いてみると気持ち悪かったので消してしまった(笑)


            JUGEMテーマ:読書

            沈まんかったら寝られへんがな

              2009.11.09 Monday
            0
              先日、「沈まぬ太陽」を観た。その前日にたまたま仲代達也の「不毛地帯」をTVで観たばっかりやったんで、山豊子の世界ってこんなんなんやって思った。

              作品としては、不毛地帯のほうが好きやな。「沈まぬ太陽」は、人物の色分けがはっきりし過ぎてる。ええもんと悪いもんの区別がね。主人公の渡辺 や、NAL(国民航空)を再建しようとする会長を演じる石坂とかが、まるで武士のようにカッコよすぎる。「不毛地帯」の仲代は、自らも悪に染まっていく過程に共感ちゅ うか共感したらあかん感覚ちゅうんか、そんなアンビバレンツを感じるんやけど、「沈まぬ太陽」はその点でいうと、キレイすぎてあかん。

              それから主人公が「アフリカ」に対して抱く思いや感情がいまいち伝わってけえへんかった。アフリカに傾倒するエピソードもなかったし、ただ現実からの逃避の場所としてしか思えなかったのは残念で、アフリカに対して失礼やと思う。 浅すぎる。

              映画の冒頭の象を射殺するシーンは、今の日航を象徴しているんかと思ったんは考えすぎやろか。しかし、御巣鷹山の事故を再現には泣かされた。あれ は辛すぎる。あの事故が起きたのは航空会社の体質が一因だったと言いたかったんやろうな思った。ついでに、劣化ウランを積んでいたことなども描いて欲し かったな。その為に、事故直後は、自衛隊は現場に入ってこなかったということも。ま、そこまで描くと、また違った方向になってしまうけどな。

              ノンフィクションな出来事の中にフィクションを織り込んで、その中に理想的な人格の人物を作り上げて物語を作るちゅうのは、なんか虚しいな、ほんま。 

              グローバリゼーションの反対?

                2009.10.17 Saturday
              0
                 「核」に頼らない生活を実現するには、生活様式を考え直すことから始めていかなあかんとは思う。まだ僕はなんも考えてはいないし、当然実践もしてへんが。でもロハスちゅうのも、なんか居心地が悪い。経済的に余裕のある人たちだけに通用するおしゃれの一種のようで。


                http://www.actio.gr.jp/

                Actio11月号は「ローカルがたのしい」と言う特集だ。「100万人のキャンドルナイト」の呼びかけ人代表の辻信一さん(文化人類学者・環境運動化)が巻頭で取り上げられている。「何を食べるかをしっかり理解し、食べ方を変え、食べ物を変えればまだまだ環境問題の解決は可能」だそうだ。「食の農のあり方は地球温暖化の原因の4割近くを占め」ているとも書かれている。具体的には何も書かれていなかったので、機会があれば彼の本も読んでみたいと思う。

                また、「心の問題と地球温暖化は根っこのところは同じ」なんだそうだ。今、八人に一人が抑うつ傾向、毎年三万人以上の自殺者、これは新型インフルエンザどころではないと。だから、自分の家族、共同体、親族、友人関係などのローカルな関係にもう一度立ち戻ることが大切だと書かれている。

                その一つの手段として「お寺」が上げられている。地域に根ざしたつながりを持てる場所として、最高の場所であると。お寺は日本の歴史の中で、カルチャーセンターであり、地域センターであり、学校であり、スピリチュアルセンターであり、駆け込み寺であり、世俗の権力が及ばないアジール(聖域)であったと。そう言う場所が今でも全国に七万以上あって、コンビニよりも多いのだから、お寺から、地域のローカルな文化を興していけば、日本は変ると書かれている。そう言えば、ペシャワール会の故・伊藤さんの写真展も應典院というお寺で行われる。應典院ではお芝居や勉強会なんかも開かれているそうだ。

                まだ子どもたちが幼い頃は地域の役員などでレクレーションを主催したこともあったが、マンションに引越しをしてからは完全にそんなことから遠ざかっていて、辻さんが指摘していることは、僕にとっては痛い部分であり、僕に欠落している部分である。




                ホンマモンを僕は応援する。

                  2009.10.17 Saturday
                0

                   
                  本書は2000年当時に「アジアプレス」に所属していたVJ(ビデオジャーナリスト)たちが、VJになった動機、VJの魅力や楽しさ、難しさについて執筆したものと座談会の記録である。登場しているVJの中には、今はもうアジアプレスから消えている人もいるが、安定した暮らしよりも、VJを選んだ意気込みが感じられて、とても魅力的な内容だった。

                  当時23歳の森本麻衣子さんの文章が初々しい。アエタ族のマニラで物乞いをしながら生活をしている人を追っている時、彼女自身が疲れきった顔で取材をしていたため、「食べ物を買って病気を治してね」と物乞いで稼いだ中からお金をアエタの人からもらったそうだ。
                  「苦しんでいる人間と、その人々を前にして何も与えられない(与えようとしない)自分、という構図の中では、両者はいつも絶望的に隔たっていた。けれども、誰かの痛みに満ちた人生の中にも喜びや優しさといったものがあり、苦しんでいるはずの当人から逆に何かを与えられることがある」と、ビデオがあったからこそ分かったと彼女は綴っている。パキスタンVJのムハマド・ズベルさんも書いているが、それは「お互いを知ることと、尊重しあうことの大切さ。」を身を持って体験したからこそ、彼女自身が感じることができたんだと思う。

                  アジアプレス代表の野中さんは、「ジャーナリズムという仕事を通じて自己実現をしている。」と書いている。いくら自己実現だからと言っても、フリーランスで、この世界で充分な暮らしができるくらいの収入を得るのは、やはり難しいと思う。得られる収入よりも取材費のほうが高くつくそうだ。より高次な志がなければやっていけない職業だ。僕たちはそんな人たちを通じて多面的に物事を見ることができるようになり、より真実に近いことを知ることができる。とても有難い存在だ。だから僕はホンマモンのジャーナリストたちを応援していきたいと思う。


                  JUGEMテーマ:オススメの本



                  << | 2/2PAGES |

                  calendar
                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << August 2018 >>
                          
                  selected entries
                  categories
                  archives
                  recent comment
                  読んでミー。
                  Booklog
                  links
                  profile
                           profilephoto
                  search this site.
                  others
                  mobile
                  qrcode
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  神聖喜劇 (第1巻)
                  神聖喜劇 (第1巻) (JUGEMレビュー »)
                  大西 巨人,のぞゑ のぶひさ,岩田 和博
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  おせっかい教育論
                  おせっかい教育論 (JUGEMレビュー »)
                  鷲田清一,内田樹,釈徹宗,平松邦夫
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend
                  recommend